保険を見直すタイミング

一度加入したら、そのままになってしまいがちな生命保険。
でもライフサイクルに合わせて、見直す必要があります。
「万が一」の時に役に立つ保険でなければ、意味がありません。
家族が増えたり、生活環境の変化によってその都度保障額を見直していく事が大事な事です。
こんなときは是非保険の事を考えてみましょう!

社会人になった時
親が利回りの良い時に加入してくれていたケースや、長期間加入しているケース等では引き継いだ方がトータルでお得という場合もありますし、見直した方が良いこともあります。
若いうちは大きな死亡保障というよりも、医療の保障や老後の年金保険などがおすすめです。
保険料は若いうちが安いので、今のうちにきちんとしたものに加入しておくと後々の保険料負担を抑えられます。
結婚したとき
死亡保障は自分のために加入するものではありません。男性であれば、自分が亡くなった時に」困る人ができたときにご自分の死亡保障を、 女性でしたら、妊娠、出産に備えて医療保険を今の時代にあったものに見直すとよいでしょう。
また、今の保険の受け取り人を配偶者に変更する事も忘れずに!
子供が生まれたとき
家族が増えると必要な保障額も多くなります。子供の養育費や教育費など、いままでの保険で不足する額を上乗せしましょう。 専業主婦のママも子供が小さいうちは、少しの死亡保障があるとパパの負担をすこし軽くできます。 子供が生まれたときというよりは子供ができた時に見直しましょう。
家を買ったとき
住宅ローンの多くには団体信用生命の加入が義務づけられていますので万が一の時にはローンが相殺され、家族に家は遺す事ができます。 家賃が亡くなる分、死亡保障を減額できる場合もあります。
子供が独立したとき
子供が独立したら、万が一の生活資金も奥様の生活を支える程度の保障+葬儀費用に減額しましょう。 また、退職金や貯蓄などの兼ね合いで、必要な老後資金や健康なうちに一生涯の医療保障にすると安心です。
保険料が高いと思った時
必要以上に保険をかけすぎていませんか?
公的年金を考慮した上で、必要な死亡保障を効率よくつけましょう。医療保険や死亡保障は昔に比べて随分安くなっています。

全国の女性FPによる家計にやさしい
学資保険情報サイト

学資パンダ

©Mizoguchishokai Co., Ltd